行政書士試験の試験科目と科目別出題数

行政書士試験の受験生は試験科目を把握していますか?

行政書士試験を受験するうえで、知っていなければいけないのは、試験科目です。受験難易度から試験を受けようと思う方もいるとは思いますが、試験科目を把握していないと、後からこんなに科目あるのかよ。ってことになります。
大量の本が積み重なっている

行政書士試験の科目とは

行政書士試験の科目には、「行政書士の業務に関し必要な法令」と「行政書士の業務に関連する一般知識」に分かれます。

具体的にどのような科目構成になっているのか見ていきます。

行政書士の業務に関し必要な法令

行政書士の業務に関し必要な法令ですが、以下になります。

・憲法

・行政法の一般的な法理論

・行政手続法

・行政不服審査法

・行政事件訴訟法

・国家賠償法

・地方自治法

・民法

・商法

・会社法

・基礎法学

※「行政法の一般的な法理論」から「地方自治法」までの一括りで行政法になっています。

行政書士の業務に関連する一般知識

・政治

・経済

・社会

・情報通信

・個人情報保護

・文章理解

 

たくさんの科目があることがわかります。またこれらの科目をカテゴリーごとに落としていくと、膨大な量になることが分かると思います。

 

科目別出題数について

科目別の出題数ですが、

行政書士の業務に関し必要な法令は46問(多肢選択式・記述式含む)

行政書士の業務に関連する一般知識は14問

の合計60問になります。内訳ですが、

・基礎法学:2問

・憲法:5問

・民法:9問

・行政法:19問

・商法:1問

・会社法:4問

・多肢選択式:憲法:1問、行政法2問

・記述式:行政法1問、民法2問

・一般知識14問(出題年によって科目の出題数がばらつく。文章理解は3問固定。)

の合計60問です。この数字からわかるように、行政法と民放が群を抜いているのがわかります。ようするに、行政書士試験の合格を決めるのは、行政法民放ということになります。

 

どうでしょうか? こんなに科目あるのかよって方もいるのではないかと思います。試験科目がわかったことで、勉強の計画がうまくたてられると思います。

また、ポイントとしては、やはり行政法と民放に勉強の比重を置くということでしょうか。行政法と民放を制すれば、合格に近付くと思います。

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

右上のアドセンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 1 follow us in feedly

関連記事

勉強

平成26年度行政書士受験生は要チェック!試験の準備はできていますか?

今年も行政書士試験の申し込みが始まりましたね。   受験予定の人は、願

記事を読む

jyoseinayami

行政書士試験 気になる勉強時間と気をつける6つのこと

行政書士試験の勉強時間ってどのくらいなんだろうって結構気になりますよね? 私は時間はもちろんな

記事を読む

pennote

行政書士試験は独学と通学と通信どれがいいの? メリットとデメリットについて

行政書士試験は毎年11月の第2日曜日に試験があります。今(この記事が8月中旬)から勉強して受かる方は

記事を読む

gakusyujyosei

行政書士試験の難易度とは

行政書士試験の難易度はどのくらいなのでしょうか。 日商簿記試験のように1級や2級、また、情報処

記事を読む

kangaeruhito

行政書士試験の点数配分と目標点数

行政書士試験の科目ごとの点数配分についてですが、きちんと確認していますか? 他の試験でも言えること

記事を読む

右上のアドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑